キッチンやトイレ、外壁塗装といったリフォームににかかる費用・相場情報をはじめ、オススメ見積もりサイトの紹介、そして様々な疑問に関するコラムをまとめた、リフォーム・リノベーションの総合情報メディアです。

リフォームコラム

外壁塗装の塗り替え時期はいつ?最適な季節やタイミングについて

外壁塗装は施工を行った日から日々劣化していきます。

そのため、一度行ったら終わりではなく寿命が来たらまた塗り替えなければいけません。

でも業界関係者ならまだしも、一般の素人である私達ではその寿命がなかなかわからないですよね。

そこでこの記事では、外壁塗装の塗り替え時期はいつごろなのか、塗り替えに適した最適な季節やタイミングについてまとめてみたいと思います。

そろそろ塗り替えの時期かもしれないと思っている人はチェックしてみてくださいね。

外壁塗装の塗り替えの時期について

外壁塗装の塗り替え時期やタイミングは、現在どのような塗装にしているか、どのような状態にあるのかで変わってきます。

 

各塗料ごとの寿命について

まず各塗料ごとにどれほどの耐用年数(寿命・耐久性)があるのか見てみましょう。

添加物や付加機能などによっても変わってきますが、基準となる現在の主要グレード(樹脂)ごとの寿命はおよそ以下の通りとなります。

グレード 耐用年数
アクリル塗料 4~7年
ウレタン塗料 6~10年
シリコン塗料 8~15年
フッ素塗料 15~20年

アクリルからフッ素に向かうほど耐用年数も高くしっかりした塗料になりますが、その分費用も上がります。

費用と耐用年数のバランスを考え、自分にあった外壁塗装にすることが大切です。

なお、外壁塗装の種類については以下の記事でまとめているので、合わせて御覧ください。

関連記事
外壁塗装にはどんな種類があるの?特徴や性能、おすすめ塗料について

続きを見る

 

塗り替えるべき状態について

次に塗り替えるべき状態について考えてみましょう。

始めにも記載しましたが、外壁塗装は日々の天候等によるダメージで毎日少しずつ劣化して行きます。

これが前述した耐用年数となるのですが、それとは別で事故や災害によって一気に大きなダメージが加わることがあります。

 

例えば火災まで行かなかったとしても、塗装した箇所の近くで炎などの高温のものがあると塗装が溶けたり焦げたりして剥がれてしまいます。

また何かがぶつかった衝撃やひっかきなどの事故によって塗装が潰れたりえぐれてしまうこともあるでしょう。

このような被害にあった場合、例えそれがあまり大きくない範囲のダメージだったとしても、そこから一気にダメになっていくことが多いので塗り替えるべき状態と言えます。

よって自分の判断で決めず、気になる箇所があれば早めに業者へ相談して対処するようにしましょう。

 

逆にダメージが浅い状態であれば、完全な塗り替えでなく補修で済む可能性が高いです。

補修であれば後述するメンテナンス同様あまり費用がかかりませんので、完全に塗り替えなければならない状態になる前に早期発見することは大きなメリットと言えます。

日頃から定期的にチェックし、どこか傷んでいるところがないか見ておくことが大切です。

 

外壁塗装の塗り替えに最適な季節は?

続いて少し意味合いが違いますが、外壁塗装の塗り替えに最適な季節について考えてみたいと思います。

塗装は天候によってダメージを受けます。ということはつまり、季節によっては塗装する前の塗料自体にも影響が出てくるというわけです。

と言っても大きな支障になるのは塗装中(乾燥前)の雨くらいなので、雨に気をつけていればそこまで心配する必要はありません。

季節が塗料に与える影響としては、主に以下のようなものがあります。

 

春・・・暖かくあまり作業に影響のない季節。ただし花粉が多い日は控えたほうが良い。

夏・・・暑くジメジメした季節。紫外線が強かったり梅雨の時期があったりするので、できれば夏以外が良い。

秋・・・暑すぎず寒すぎず、かつ落ち着いた天候が多い季節。一番おすすめ

冬・・・寒く乾燥した季節。気温が低く雪による影響が出る可能性があるので、あまりおすすめしない。

 

このことから、出来るだけ塗料に悪影響のない秋に塗り替えるのがオススメと言えるでしょう。

ただ、現在の外壁に大きなダメージがあり塗り替えるべき状態であるのなら、それは季節や時期を関係なしにすぐに塗り替えるようにしましょう。

「まだ秋じゃないから」という理由で待つとその間に他の壁にも影響が出るだけでなく、劣化した箇所から更に内部へダメージが進行し、家の中での普段の生活にも支障をきたす可能性があります。

あくまで塗り替えるべき季節に関しては、塗り替えの余裕を持った状態(=耐用年数の途中)で考えるようにしておきましょう。

 

長持ちさせる秘訣は定期的なメンテナンス

さて、そんな外壁塗装ですが、耐用年数以上に出来るだけ長持ちさせる為に大事なことは、定期的なメンテナンスです。

メンテナンスであれば完全な塗り替えと違い大きく費用を抑えることが出来るだけでなく、結果的に現在の外壁塗装を長持ちさせることにもつながるので、長い目で見ると費用の削減になります。

ただ、あまり評判の良くないいわゆる悪徳業者の場合、このメンテナンス費用がやたら高額だったり、本来不要な部分まで治してしまい余計な代金を請求される可能性があります。

そのようなトラブルに合わないためにも優良業者に依頼して作業を進めることが重要です。

どの業者が優良なのかわからないという人は、以下の記事で紹介しているサービスを利用するのがオススメです。

おすすめ
おすすめの外壁塗装業者が見つかるヌリカエってどんなサービス?簡単相場チェックの手順も

続きを見る

外壁塗装は決して安くはないので、出来るだけ負担を減らすためにもメンテナンスは定期的に行っておくようにしましょう。

  • この記事を書いた人
リノ

リノ

現在住んでいる古い一軒家をフルリフォームで新築同様に生まれ変わらせるのが夢なアラサーです。好きな動物はうさぎ。ブログを見に来てくれた皆さんと一緒に、リフォームについて情報共有できれば嬉しいです。

-リフォームコラム
-

error:

Copyright© リフォーム費用のえとせとら , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.